アットベリーは妊娠中ではなく出産後がベスト?その理由は?

アットベリーは妊娠中ではなく出産後がベスト?その理由は?

 

 

アットベリー妊娠中も使える?
ベストは出産後の黒ずみケアに!

 

 

 

アットベリーは、脇の黒ずみなど、
全身の黒ずみに対して、
ケアしてくれるジェルで人気です。

 

 

 

そんな人気のアットベリーは、
妊娠中に使っても大丈夫なのでしょうか?

 

今回はその辺りについて、
考えてみました。

 

 

アットベリーは妊娠中にも使える?

 

妊娠中というのは、
実は黒ずみが悪化したり、
新しくできやすいんですよね。

 

なぜなら、妊娠中というのは、
ホルモンバランスが崩れてしまい、
プロゲステロンという、
女性ホルモンの分泌量が上がります

 

 

 

そして、このプロゲステロンには、
シミや黒ずみの原因である、
メラニンの生成を促す働きがあります。

 

だから、この働きによって、
妊娠中というのは、
シミや黒ずみが出来やすくなるんです。

 

 

そこで、アットベリーを使って、
妊娠中の黒ずみをケアしたいのですが、
アットベリーが妊娠中に使えるのか?
といった疑問が出てきますよね。

 

私、個人の考えとしては、
アットベリーは妊娠中に、
使える事は使えると思います。

 

 

 

 

なぜなら、妊娠中でも、
アットベリーを使っている人はいるし、
アットベリーの成分が、
塗った個所から血液に入り込んで、
それが"胎児に届く"
といった報告はされていないからです。

 

 

これが仮に、アットベリーが、
サプリメントだとしたら、
サプリの成分が腸で吸収されて、
それが体へ行き渡る際に、
胎児にも届く可能性はあるでしょう。

 

ただ、塗るようなものは、
浸透するといっても、
基本的には肌の角質層までです。

 

 

 

だから、アットベリーを
妊娠中に使っても、
胎児に影響が出るというのは、
正直考えにくい部分があります。

 

それに、もしそんな事があったら、
アットベリーの公式サイトで、
「妊娠中の使用は禁止」
といった感じで、
絶対に注意書きが出るはずですから。

 

 

妊娠中に使うのを控えた方がよい理由は?

 

アットベリーは、
妊娠中でも使えると思いますが、
基本的には、
そこまでオススメしていません。

 

 

なぜなら、妊娠中というのは、
ホルモンバランスの崩れなどで、
体調変化の波が激しいからです。

 

 

 

特に妊娠中の場合、
体調に大きな波があるので、
肌が物凄く敏感になって、
逆に肌荒れなどが起きやすくなるからです。

 

つまり、「妊娠中は何が起こるかわからない」
といった理由で、アットベリーの使用も、
あまりオススメできないのです。

 

 

だから、どうしてもアットベリーで、
妊娠中の黒ずみをケアしたいなら、
まずはかかりつけのお医者さんに
相談してから使うようにしましょう。

 

 

妊娠中の黒ずみは出産後に消える?

 

妊娠中に、アットベリーを使うのは、
あまりオススメしませんが、
実は妊娠中の黒ずみというのは、
出産後に徐々に消えていくものなんです。

 

 

 

なぜなら、妊娠中の黒ずみは、
ホルモンバランスの崩れが原因で、
起きている事がほとんどです。

 

その為、出産後に、
ホルモンバランスが元に戻れば、
妊娠中の黒ずみが消える事が多いようです。

 

 

ただし、安心し過ぎるのもNG!

 

妊娠中の黒ずみは、
出産後に消える事が多いです。

 

ただし、安心し過ぎていると、
肩透かしをくらう事もあります。

 

 

なぜなら、"出産後に黒ずみが消える"
とはいえ、メラニン色素が、
肌の奥深くに溜まっている事は事実です。

 

だから、"出産後に全てが絶対に消える"
ということは言い切れません。

 

 

 

 

むしろ、出産後しばらくしても、
「黒ずみが消えない」
という声も良く聞きます。

 

その為、出産後に、
ある程度体調が整ってきたら、
その時にアットベリーを使って、
黒ずみのケアを行うとベストでしょう。

 

 

出産後にアットベリーを使う際の注意点とは?

 

アットベリーは、妊娠中ではなく、
出産後に使うのがベストでしょう。

 

ただ、出産後であっても、
乳首の黒ずみケアに使うのは止めましょう

 

 

なぜなら、わかっていると思いますが、
赤ちゃんが生まれたら授乳をしますよね。

 

 

 

ということは、乳首は、
赤ちゃんが口にする部分なので、
そこにアットベリーを塗ってしまうと、
赤ちゃんの体内に、
その成分が入る事になります。

 

 

そうなってしまうと、
それこそ赤ちゃんに
影響が出る可能性があるので、
乳首の黒ずみケアは、
授乳が終了してからにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、アットベリーが、
妊娠中にも使えるのか?
といった事を考えてきました。

 

 

基本的には、乳首以外であれば、
アットベリーで黒ずみケアをしても、
胎児に影響が出る事は考えにくいです。

 

 

ただ、妊娠中は、
体調変化の波が大きく、
肌が敏感になる事があるので、
このような理由から、
妊娠中のアットベリーの使用は
そこまでオススメはしません。

 

どうしても使いたい場合は、
かかりつけのお医者さんに
相談してから使うようにしましょう。

 

 

まずは元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

 

 

アットベリーについて、
更に詳しく知りたい場合は、
以下も参考にしてみてください。

 

リアルな口コミはコチラ
最安値情報はコチラ
成分効能はコチラ