アットベリーは制汗剤としての機能もある!?その答えを教えます!

アットベリーは制汗剤としての機能もある!?その答えを教えます!

 

 

アットベリーって・・・

 

制汗剤の役割もするの!?

 

 

 

アットベリーといえば、
脇の黒ずみをケアする為の、
オールインワンジェルで人気です。

 

 

 

そんなアットベリーは、
制汗剤の役割もしてくれるのでしょうか?

 

その辺りを今回は調べてみました。

 

 

アットベリーは制汗剤と同じ働きをする!?

 

夏が近くなると、
制汗剤が必須になるのですが、
アットベリーを使って黒ずみケアをする間は、
このジェルが邪魔をしてしまい、
市販の制汗剤を使っても、
効果がなさそうですよね。

 

 

でも、大丈夫!

 

 

実はアットベリーには、
制汗剤と同じ働きをする成分
配合されているのです!

 

 

アットベリーの成分を見ると、
ワレモコウという、
植物エキスが入っています。

 

 

 

この成分の主な特徴として、
収れん作用があります。

 

 

収れん作用とは、
毛穴を引き締める作用のことで、
この成分によって、
毛穴がキュッと引き締まると、
その分、汗の出る量も抑えられて
制汗剤と同じ働きをするのです。

 

 

だから、アットベリーは、
"制汗剤と同じ働きをする"
という事ができるのです。

 

 

因みに、市販の制汗剤も、
このような
収れん作用のある成分が入っているので、
汗が抑えられるんですよね。

 

 

アットベリーにはニオイケアも!?

 

汗ばむ季節になると、
制汗剤が手放せないのですが、
汗を抑える事に加えて、
ニオイも気になりますよね。

 

 

 

だから、市販の制汗剤には、
香料が入っていて、
シュッとすると、
汗の嫌なニオイが抑えられます。

 

ただ、制汗剤の場合、
汗のニオイを抑えるというよりも、
そのニオイより強い香料の香りで、
汗のニオイをかき消すというイメージです。

 

 

その為、汗の臭いと混ざってしまい、
余計変なニオイになる事があります。

 

 

しかし、アットベリーの場合、
香料は入っていますが、
ほのかに匂う程度だし、
桑エキスという植物エキスが入っています。

 

 

 

この植物エキスには、
殺菌作用があるので、
汗による雑菌の増殖を防ぎ、
嫌なニオイが広がるのを防いでくれます。

 

だから、アットベリーは、
実は制汗剤の消臭効果よりも、
より効果的な消臭が期待できるんです。

 

 

アットベリーは肌に優しい処方!

 

市販の制汗剤の場合、
スースーさせて涼しさを演出する為に、
アルコールが入っている事があります。

 

その為、このアルコールによって、
肌が荒れてしまう場合があります。

 

 

 

 

一方で、アットベリーは、
制汗剤と同じ働きをしながらも、

 

・着色料
・シリコン
・石油系界面活性剤
・紫外線吸収剤
・鉱物油
・アルコール
・パラベン

 

といった、
肌に刺激がある成分が入っていないので、
安心して使うことができます。

 

 

まとめ

 

今回は、アットベリーは、
制汗剤の働きもするの?
という事を考えてきました。

 

 

結果としては、
アットベリーには、

 

・毛穴を引き締める成分
・殺菌成分

 

といった成分が入っているので、
汗の分泌量を抑えながらも、
ニオイのケアまでしてくれるので、
"制汗剤と同じ働きをする"
といっても良いでしょう。

 

 

 

それでいて、アットベリーは、
脇の黒ずみまでケアしてくれるので、
暑い季節でも、制汗剤は必要なく、
これ1個で脇を
トータルケアしてくれそうですよね!

 

 

もし、アットベリーに興味が沸いたら、
このジェルの更に詳しい成分効能口コミ
最安値情報などをまとめたので、
以下も参考にしてみてください。

 

成分効能はコチラ
リアルな口コミはコチラ
最安値情報はコチラ